MacBook2017年モデルをアフィリエイター向けなのか?

今、アフィリエイト活動を自宅のデスクトップパソコンと2015年モデルMacBookPro15インチを利用して、行っています。

しかし、ただただ重いです。

処理じゃなくて、質量がです。

MacBookPro一台を持って、どこかのカフェにいって、おしゃれに執筆作業を行う元気はまったくでません。

そこで、現在、MacBookの購入を検討しています。

そこで、MacBook2017年モデルのメリットとデメリット・いいところと悪いところまとめてみました!

いいとこ・メリット

1.軽い

rihaij / Pixabay

とにかく軽いです。

現在利用しているMacBookProは1台だけで、2kg近くの重さがあります。

※正確には、15インチモデルなので2.06Kgです。

たとえ、リュックにいれたとしても、500mlペットボトル4本分の重さがあります。

短時間なら背負ってられますが、長時間これを背負って、どこか移動するのは非常に重く、背中や首が痛くなってしまいます。

しかし、MacBookであれば0.92Kgです。

2分の1以下の重量です!

2.スペックは前モデルより向上

利用しているCPUも新しい世代のものを積むようになり、スペックは最大で30%向上したらしいです。

また、Intelのオンボードグラフィックもそれに伴い、性能向上がありました。

そのため、外部ディスプレイとのデュアルディスプレイでも4k60FPSで利用可能となっています。

高画質の外部ディスプレイに出力する機会が多い人には朗報でしょう。

3.スタバでどやれる

スタバでパソコンを開く際には、Mac製のパソコンでなければなりません。

windowsパソコンを広げていたら、みんなに馬鹿にされてしまうらしいです。

しかし、MacBookの問題ありません。

思う存分にスタバでどやってください。

デメリット

1.やっぱりスペック不足

いくら新しいCPUを積んだからといって、標準でのクロック数はわずか1.3Ghzしかありません。

IntelTurboBoosテクノロジーという技術で、負荷のかかる処理が行われる際は一時的に最大3.5GHzまで、クロック数が引き上げられるようになっています。

しかし、ここには重大な欠陥があります。

IntelTurboBoostテクノロジーは有用になるには、高負荷な処理を行うこといがいに、CPUがしっかりと冷却されている必要があります。

しかし、新型MacBookにはファンが搭載されていません。

そのため、少しでも重い処理を行うと、CPUが発熱し、インテルターボブーストテクノロジーも動かなくなってしまう可能性もあります。

そうなっては、一昔前のスペックのパソコンとなってしまい、ろくな作業もできなくなってしまいます

2.キーボードが。。

アフィリエイターやライターに最も大事な部分でパソコンのキーボードです。

デスクトップパソコンでは、東プレのリアルフォースというキーボード一つで30000円近くするキーボードを利用しています。

多くのウェブライターやアフィリエイターも、キーボードにお金を使っていると思います。

しかし、MacBookのキーボードは完全にペタペタなキーボードです。

キーの大きさや間隔も独自なので、慣れるまでにかなりの時間が必要となるでしょう。

また、慣れるとしても長時間、そのキーボードで執筆作業を行うのは負担となることが考えられます。

3.スペックの割に高い

スペックの割には高いです。

例えば、2017年新型MacBookで、メモリ16GB・intel core i7を搭載したモデルは税込み231444円もしてしまいます。

これだけの金額を払っても、キーボードが残念で、スペックがそれなりなのは少し厳しいですね。

結論

どういったアフィリエイター・ライターにおすすめ?

では、どういった人にはおすすめできるPCなのでしょうか?

おすすめできる人

ノマドでライティングをドヤ顔でやりたい人

スタバなどのカフェにいって、Macをテーブルの上においてドヤりながら作業を行い人には超おすすめなPCです。

Macシリーズの中で最軽量のパソコンですので、持ち運びもまったく苦にならないでしょう。

Macが大好き

Macが大好きで、MacOSしか、使いたくないって人には、最適なPCとなりえるでしょう。

ディスプレイも綺麗ですし、お金をかければ、それなりのスペックまでにはなります。

おすすめできない人

スペックが欲しい人

ノートパソコンといえども、ほとんどの作業を行うにあたって不満を感じないレベルのスペックが欲しい人。

ライティングもやるなかで画像編集や動画編集も行う人には、あまり適さないパソコンでしょう。

何よりも、スペックが足りなすぎです。

コスパが大事な人

コスパを重視しているそこのあなた!

コスパが大事なのであれば、このパソコンはもっとも選択肢から外すことのできるパソコンでしょう。

管理人は?

大学生アフィリエイターの備忘録管理人「仙人」は、購入を検討した結果、、、

買いませんでした。

やっぱり、スペックが低すぎるのが残念ポイントですね。

また、出先でSDカードを利用することも多いので、SDカードスロットがないのはかなりの減点ポイントです。

その代わりに、富士通のノートパソコンを購入しました!

LIFEBOOK UHシリーズの型番 WU2/B というモデルです!

メモリ20GB・IntelCore i7-8550U・SSD512GBを搭載しながらも、20万円をきる価格でなおかつ916gと超軽量です!

受注モデルなので、まだ手元にはないのですが、近日中にレビューします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です